タミフルはインフルエンザ治療薬で最も使用されていますが、感染後の治療だけでなく予防薬としても使用することが可能です。インフルエンザの発症前にタミフルを服用して発症や悪化を防ぐことが出来ます。

鼻をかんでいる女性と ウイルス
  • ホーム
  • タミフルと富士と情報について

タミフルと富士と情報について

ウイルス

富士でインフルエンザに感染した場合、タミフルなどの抗インフルエンザ薬が処方されることが多くなっています。インフルエンザは冬になると毎年のように流行しますし、タミフルについての情報を知っておくと良いでしょう。
タミフルは感染力の強いインフルエンザウイルスに対して高い効果を発揮する薬であり、短期間で辛い症状を軽減することができます。しかし、この薬を飲むことで副作用が起きてしまうこともあるので注意しましょう。
タミフルの副作用としては下痢や腹痛などといった軽い症状が一般的です。このような症状は通常の風邪薬などでも起こりやすいものですし、インフルエンザ自体の症状とも重なっています。
タミフルを服用すると4時間程度で成分が体内に吸収されると言われており、1日くらい経つと熱が下がります。熱が下がったら薬は飲まなくても良いと考えている人もいるでしょう。
しかし、症状が改善した場合でも体内にインフルエンザウイルスが残っていることがありますし、症状が再び悪化してしまうこともあります。この薬は5日間服用する必要があるため、処方されたものはしっかり飲み切るようにしましょう。
飲み忘れに気づいた場合はできるだけ早く服用することがポイントです。飲み忘れても1度に2回分の服用をするのは良くありません。体に負担がかかってしまいますし、次の服用時間が近い場合は1回分だけをしっかり服用することが大切です。
体力がない人や他に病気を持っている人も場合、低体温などの副作用が起きるという情報もあります。タミフル自体に解熱作用はないのですが、副作用として低体温というものが挙げられます。
そこでタミフルを服用した後に急激な体温低下が起きた場合、医師に相談してみると良いでしょう。

関連記事