タミフルはインフルエンザ治療薬で最も使用されていますが、感染後の治療だけでなく予防薬としても使用することが可能です。インフルエンザの発症前にタミフルを服用して発症や悪化を防ぐことが出来ます。

鼻をかんでいる女性と ウイルス
  • ホーム
  • 厚労省と介護施設などでのタミフルの予防投与との関係

厚労省と介護施設などでのタミフルの予防投与との関係

感染源

インフルエンザ治療薬のタミフルは、一般的には安全な医薬品ですが、頻度は低いものの副作用が生じることがあります。
タミフルを含め、抗インフルエンザ薬は、医師の処方に基づいて服用されるべき医薬品で、自らの判断で服用することは、危険が伴います。
タミフルは、2007年に厚労省より原則的に10代には使用禁止となりました。それまでは10代の投与には、注意して患者の様子をみておくということでしたが、異常行動や飛び降りなどの事案が起こったことにより、10代の使用は禁止されるようになりました。
そもそもタミフルとは、体内でインフルエンザウイルスを増やさないようにする薬で、インフルエンザの症状が、ひどくなるのを抑えて、症状がでている期間を短縮することができます。ただ、ウイルスが増殖していく時期に服用しないと、期待するほどの効果を得ることができませんから、症状が現れてから48時間以内に服用する必要があります。
インフルエンザA型とB型に効果がありますが、C型や細菌性の風邪などには効果がないので、きちんと判定をした後に、医師が必要に応じて処方します。
感染は、周囲に広がるのが早く、子供や高齢者などの免疫力や体力が低い人は、最悪死に至る可能性もあるので、早期に対策をとることが大事です。
介護施設などでは集団感染をする可能性があるため、予防薬として、タミフルを服用するのも効果的です。
インフルエンザの患者に接触し感染のリスクが高い人に対しては、予防投与をすることがあります。あらかじめ投与しておくことで、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることができ、結果として予防につなげることが可能となります。
ただ、治療ではないため、自費診療となるので、注意が必要です。

関連記事