タミフルはインフルエンザ治療薬で最も使用されていますが、感染後の治療だけでなく予防薬としても使用することが可能です。インフルエンザの発症前にタミフルを服用して発症や悪化を防ぐことが出来ます。

鼻をかんでいる女性と ウイルス
鼻をかんでいる女の子

インフルエンザは一般的に冬場に流行するイメージが強くありますが、実際かかりやすい時期としてもこのイメージ通り冬場がそうだと言えます。
感染報告数のグラフでも12月頃から感染報告が増えはじめて1月になるとピークを迎え、そこから4月など春が近づくに連れて感染報告が減るといった形で推移しています。
まずそもそもインフルエンザがどうして感染するのかというと、これはインフルエンザウイルスが感染者のくしゃみやせきと混じって大気中に放出され、それを別の人が吸ってしまうことが大半の理由です。

重要なのは「インフルエンザが大気中に放出される」という部分であり、さらにこのウイルスは乾燥している環境の中で活発に活動をすることです。
冬場は夏と比べて湿度が低いために大気中に放出されたウイルスが活発に活動し、そしてその状態で人の体に入り込むことで感染が広まってしまうわけです。
また寒い時には人の体の免疫力が落ちると言うのも理由になるでしょう。人の体が持つ免疫力は体温と密接な関係にあり、体温が1度低下すると免疫力は30%低下すると言われています。
夏場と比べて冬場は気温が低くなるために体温も低下しやすく、それによって免疫力が低下して本来であれば対抗できたウイルスにも対抗出来なくなるのです。

実際のところインフルエンザウイルスは冬になると突然どこかからやってくるわけではなく、夏場でも普通に存在しているウイルスです。
それであるにも関わらず冬場の感染報告が増えるのは空気の乾燥と免疫力の低下、二つの要因が関係しています。
特に現代人はかつてと比べると運動量の低下や欧米型の食生活の普及によって免疫力が低下しやすいとされていますから、寒くなってくるころにはしっかりとインフルエンザのことを知って予防出来るようにしましょう。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

サイト内検索
最近の投稿
    アーカイブ